家族葬が現代の一般常識|新たなるシステム

宗教施設での葬儀

条件を満たしていれば可能

数珠

大東市では、セレモニーモールなど葬儀専門の施設で家族葬を行う人が多いです。
けれども、寺院と密接な繋がりを持っている人などは、寺院で家族葬を実施することもあります。
檀家であれば寺院の本堂で行い、他宗派の人であれば本堂以外の会館などで行うのが一般的です。
しかし、大東市の寺院によっては他宗派を受け付けない場合もありますし、檀家になってその寺院の墓に入らないと家族葬を上げられない場合もあります。
大人数が参列する一般葬の場合、寺院では手狭になることも少なくないのですが、家族葬であれば大概問題ありません。
そして、大抵寺院には提携している葬儀社がいるため、一連の準備や進行を任せることができます。
当然住職など寺院の人も葬儀に関して詳しいですから、いざというときのために事前に相談しておくと安心です。
他に大東市で家族葬を行える宗教施設は、教会や神社などがあります。
教会を利用できるのはクリスチャンのみですが、神社は特に信仰を問われません。
ただし、神道では死は穢れとされているため、聖域である大東市の神社で家族葬を行うことは滅多にありません。
故人の自宅か斎場に神職を招いて行います。
準備や進行はやはり葬儀社に依頼するのが一般的です。
そして、神式は仏式のように故人を極楽浄土に送る儀式ではなく、故人の御霊を留めて家の守護神になってもらうための儀式、神葬祭を行います。
葬儀のマナーなども仏式と違うため、斎主に確認するといいでしょう。

通夜でのマナー

線香

大東市でも家族葬が行われることが増えてきました。
家族葬は一般的なお葬式とどう違うのか、マナーはどこに気をつければいいのか困ることもあるでしょう。
大東市で家族葬が行われるとわかったら、基本的には通夜に参列しないようにしましょう。
親しい人や家族のみが参列するものなので、お知らせがあったとしても参列は控えます。
しかし、電話やハガキなどで家族葬に参列してほしいと依頼があった場合は、極力参列するようにしましょう。
また、参列はしないが香典だけでも送りたいと思っても、家族葬の意図を汲み取り、香典は送らないのがマナーです。
香典を送ると、香典返しやその後の対応がどうしても必要になります。
家族葬を行なった理由の一つに、最期の時間を弔問客の対応に使うことなくゆっくり見送りたいというものがあります。
そのため、香典を送るのは控えるようにしましょう。
また、大東市で家族葬の参列をお願いされた場合は、通常のお葬式を変わらず喪服で行くようにしましょう。
子供の服装は、学校の指定制服がベストです。
もし制服がない場合は、黒や紺などの落ち着いた色の服で、Tシャツやパーカーなどカジュアルすぎる服でなければ問題ありません。
また、襟のついた白いシャツがあればその上に黒のカーディガンを羽織るとよいでしょう。
参列の際、香典や供物は持参しないようにします。
なお、大東市の家族葬の案内状に「御香典は辞退させていただきます」といった文章がない場合でも、香典は持参しないようにしましょう。

ゆっくり見送れるのが魅力

式場

一昔前までは一般的だった自宅での葬式は、時代の流れと共にすっかりと影を潜めました。
しかし、家族葬など少人数での葬式が増えたこともあり、大東市では自宅で行う人が少数ながら出てきました。
大東市の自宅で家族葬を行う遺族の思いには、「故人の過ごしたマイホームから送り出してあげたい」「家族だけでゆっくりと見送りたい」などがあります。
自宅ですから時間を気にする必要がなく、ゆっくりとお別れができるのが最大のメリットです。
自宅で家族葬を行う場合でも、大東市の葬儀社に準備や設営などを依頼することが可能です。
施設利用料がかからないのでその分低料金で済む可能性があります。
ただし、祭壇などのスペースと遺族や弔問客のスペースに最低でも12畳分の空間が必要となります。
さらに階段や入り口の幅など、棺が通るか否かは大事な条件です。
マンションであればエレベーターの奥行きを確認します。
それから近所への配慮も必要で、家族葬の前に声をかけておくとトラブルを防げます。
葬儀社に頼まず自分達で準備する場合は、遺体を搬送して納棺して大東市に死亡届を提出し、火葬場の予約などを行わなければいけません。
他に準備するものは安置用のドライアイスや防水シーツ、棺、骨壷、遺影写真等々です。
宗教者を呼ぶときは、枕飾りなど宗教に合わせて用意するものがあります。
やるべきことは沢山あり、当然ながら不慣れなことのため、葬儀社に準備や進行を依頼する人が多いです。

葬儀の代表者としての役割

式場

一般葬よりも小規模で行われる家族葬にも必ず喪主が必要となり、葬儀の代表者として弔問客への対応に当たります。喪主は故人の遺言による場合の他、故人の配偶者や血縁者の中から体調面なども考慮して決めるのが一般的です。家族葬を多く実施している大東市の葬儀社では、多忙な喪主の負担を軽減すべくサポートしています。

もっと読む

自身の葬式を前もって予約

メンズ

最近は、家でのお葬式が減り、斎場での葬儀が増えています。お葬式の形式に家族葬が多くなったためとされています。大東市でも同じような傾向が強くでています。そして、そのようなお葬式の大半が生前予約による葬儀となっています。

もっと読む

宗教施設での葬儀

数珠

大東市の代表的な宗教施設は寺院と神社、教会です。寺院で家族葬を行う場合は、受け入れ条件を確認することが大切です。教会はクリスチャンしか利用出来ず、神社では基本的に葬儀は行いません。神職を斎場や自宅へ呼んで神葬祭を執り行ってもらいます。

もっと読む