家族葬が現代の一般常識|新たなるシステム

自身の葬式を前もって予約

自分の葬儀をプロデュース

メンズ

一昔前、街中を歩けば、毎週のようにお葬式の場面に遭いました。
しかし、今は、個人の家でのお葬式は殆ど見られなくなりました。
家でのお葬式は減り、メモリアルホールなどの施設を利用する人が増えているためと言われています。
大阪の大東市周辺でも同じような現象が覗えます。
自分の家でなく斎場を利用してのお葬式が増えたのは、家族葬を希望するようになったことが影響しています。
家族葬を挙げるためには、弔問客の入場は断らなくてはいけません。
自宅での葬儀では無理なことです。
そのため、メモリアルホールの一室を借りてしめやかに執り行われるのです。
そのような家族葬の多くは、故人の遺言によるところが多いと言います。
大東市でも数多くの家族葬が執り行われていますが、その大半は生前予約のお葬式だと言います。
生前予約では、自身のお葬式のために、葬儀の形式や使用する斎場を決めておくことが多いそうです。
大東市の葬祭会社にも、生前予約の問い合わせがたくさん来ています。
生前予約は、お葬式の時期がはっきりしないということで、葬祭会社側では力を入れていませんでした。
しかし、生前予約を希望する声が高まり、葬祭会社側も遅まきながら対応するようになりました。
生前予約が増えているということは、自身のお葬式への思い入れが強くなったことに加え、葬儀で遺族に負担を掛けたくないという想いが覗えます。
大東市の葬祭会社に寄せられた生前予約の傾向を見ると、そのような傾向を見ることができます。

追加料金には注意しよう

蝋燭

大東市で家族葬を行う場合、自宅で葬儀を行うか斎場ゆ葬祭会館で行うかという違いがあります。
大東市には家族葬を行う斎場も葬祭会館も多数あり、そちらを選ぶ人も多くいます。
自宅で行うメリットは、故人の思い出の場所でゆっくりと過ごせるということ、家族葬ならば参列者対応も最小限ですむため遺族が楽に過ごせることなどです。
通夜のときなどは、仮眠をとったりシャワーを浴びたりしたいものですが、斎場や葬祭会館ではそういった設備がないこともあります。
そうなると遺族は不便な思いをすることになり、疲れもとれません。
通常の一般葬だと、自宅を葬儀会場にする場合、参列者対応のため大幅に片づけたり駐車場の手配をしなければならなかったりしますが、家族葬ならばそこまで手間はかからないです。
そのため自宅で行うのも無理はありません。
一方、斎場や葬祭会館を使う場合、葬儀の準備や片付けをすべて一任できて手間要らずな点がメリットといえます。
大東市には設備が充実している斎場や葬祭会館もあるため、そういったところを選べば通夜の時も不都合なく過ごせます。
家族以外の親族や友人も呼ぶ場合は、場所や駐車場の心配がいらないというメリットもあります。
大東市の中には設備もありわかりやすい場所にあるものも多いので手間を省きたい人にはおすすめです。
ただ、斎場や葬祭会館を使う場合、家族葬プランだと、追加料金がかかることがあるので注意しなければなりません。
事前に見積もりをとって比較しておくのがおすすめです。

迅速な打ち合わせと対応

葬儀会場

医療技術の発展から、現在の大東市では、重病人のほとんどが治療のために入院しています。
その分病院で息を引き取る人も多いので、大東市の病院では患者が亡くなった場合には、提携している葬儀社が遺族に紹介されます。
その葬儀社に連絡すると、スタッフが素早く病院に駆け付け、遺体を適切な方法で運び出すのです。
遺族が自力で運ぶことも可能ですが、故人の体重によっては困難なことがありますし、体液などが漏れて、その処理に追われることもあります。
遺体が傷む可能性もあるため、葬儀社の手を借りた方が、故人にとっても遺族にとっても好都合と言えるのです。
もちろん搬送先や葬儀の形式などは、最初の打ち合わせで指定できます。
たとえば通夜を行う場合には、打合せでそのことを葬儀社に伝えれば、遺体は故人や遺族の自宅に運ばれます。
また自宅での家族葬を希望している場合には、必要となる祭壇や照明器具、門前飾りなども持ってきてもらえます。
さらに家族葬の予定日が数日後という場合には、遺体を良い状態で保管するためのドライアイスなども用意してもらえるのです。
家族葬は斎場でも行うことができるので、遺族がそれを希望している場合には、葬儀社は大東市内で特に適した斎場を紹介します。
もちろん斎場での飾りつけや、そこへの遺体の搬送なども、まとめて引き受けてもらえます。
逆に言えば、最初の打合せではここまで決めておく必要があるということです。
それが難しいという遺族も多いため、大東市の葬儀社の中には家族葬の生前予約を受け付けているところもあります。

葬儀の代表者としての役割

式場

一般葬よりも小規模で行われる家族葬にも必ず喪主が必要となり、葬儀の代表者として弔問客への対応に当たります。喪主は故人の遺言による場合の他、故人の配偶者や血縁者の中から体調面なども考慮して決めるのが一般的です。家族葬を多く実施している大東市の葬儀社では、多忙な喪主の負担を軽減すべくサポートしています。

もっと読む

自身の葬式を前もって予約

メンズ

最近は、家でのお葬式が減り、斎場での葬儀が増えています。お葬式の形式に家族葬が多くなったためとされています。大東市でも同じような傾向が強くでています。そして、そのようなお葬式の大半が生前予約による葬儀となっています。

もっと読む

宗教施設での葬儀

数珠

大東市の代表的な宗教施設は寺院と神社、教会です。寺院で家族葬を行う場合は、受け入れ条件を確認することが大切です。教会はクリスチャンしか利用出来ず、神社では基本的に葬儀は行いません。神職を斎場や自宅へ呼んで神葬祭を執り行ってもらいます。

もっと読む