家族葬が現代の一般常識|新たなるシステム

無宗教葬とは何か

自由葬の1つに分類

棺

家族葬を始めとする葬儀は、仏式のスタイルに則って進行するのが一般的です。
また、少数派ではキリスト式や神式のスタイルで行う葬儀もあります。
そんな中で、大東市で新たなスタイルとして注目を集めているのが無宗教葬です。
これは文字通り、宗教の葬儀作法等にとらわれない儀式です。
日頃仏教徒でもないのに葬儀のときだけお坊さんを呼び、仏式の葬儀作法に則る、という流れに疑問を抱く人が増えていると言われています。
大東市の葬儀社では、「自由葬」や「プロデュース葬」の1つとして、無宗教葬を販売しています。
大東市で家族葬を行う場合は、葬儀社が用意している数種類のプラン内から選ぶのが一般的ですが、仏式の葬儀に疑問を感じる場合は、無宗教葬にするのも1つの方法です。
オーダーメイドで家族葬ができますから、お酒好きの故人であれば酒樽を置いて宴会場風にして葬儀を行うこともできますし、踊りやダンスが好きな故人であればステージを設けてショーを行う葬儀にすることもできます。
大東市での無宗教葬で比較的多いのは、音楽葬です。
クラシック好きの故人のために演奏家を招いたり、合唱団に入っていた故人のために合唱で送ったりと、音楽のジャンルも好きに選べます。
無宗教葬で家族葬を行いたいと考える人は今後増えることが予想されていますが、注意したいのが、お墓は宗教や宗旨宗派を問わない公営墓地か民営墓地にしか入れられないということです。
菩提寺に入るお墓がある人は避けたほうが賢明です。
また、親族の理解が得られない可能性もあります。

ゆっくり送ることができる

数珠

大切な人を見送るお葬式、どの葬儀社に依頼したらよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
インターネットで検索をすると、たくさんの葬儀社が出てきます。
例えば、大東市で検索すると、希望に合った葬儀社を簡単に見つけることができます。
最近では葬儀にも色々な形があります。
一般葬や家族葬、密葬、簡略化された一日葬や直葬などもあります。
近年では、家族葬を選ばれる場合が多く、一般的な葬儀の形となりつつあります。
一般葬と家族葬では、何が違うのでしょうか。
一般葬での参列者は身内だけでなく、近所や会社の方など、故人にゆかりのある方となります。
家族葬では、身内だけの参列となるので、少人数で行うことができます。
一般葬では、会葬礼状や香典の受け取りやお返しなども必要となりますが、家族葬では香典を断る場合もあります。
一番の大きな違いは、やはりお葬式の規模です。
一般葬はどうしても参列者の人数が多くなるので、会場探しや様々な準備が大変です。
遺族は当日も忙しく、なかなかゆっくり故人を偲ぶことができない場合もあります。
故人が賑やかなお葬式を望んでいて、大勢の人に送ってもらいたい、という場合は、一般葬が良いかもしれませんが、身内だけでゆっくり送ってあげたい、という場合は家族葬がおすすめです。
家族葬には明確な定義があるわけではありません。
人によってイメージも違うので、家族葬を行う際には、身内同士での話し合いが必要となります。
大東市の葬儀社にも、相談に乗ってくれるところがたくさんあります。
大東市で葬儀社を探している場合は、インターネットなどで検索してみると良いでしょう。
大東市の病院と連携している葬儀社もあるので、困った場合は、病院に相談してみるのも一つの方法です。

大阪のお葬式の方法

空

肉親が亡くなると、悲しみの中様々な手続きをしなければならず、非常に大変です。
その中でも葬儀場と火葬場の手配は必ずしなければなりません。
昔は大規模な葬儀が一般的でしたが、最近は近親者のみで行う家族葬が主流になりつつあります。
そこで大阪府大東市にお住まいの方へ向けた家族葬について幾つかの情報を紹介します。
大東市にも家族葬に対応してくれる葬儀社も数社あります。
そのため、色々なところに相談した上で最終決定は行なうようにしましょう。
また大東市で家族葬を行うための業者の選定のポイントは、路線から徒歩で行ける斎場のあるところを選ぶというものです。
また遠方から来る方のことも考えて、駅からの距離だけでなく、駐車場のある斎場がより良いでしょう。
なるべく最寄りの駅から徒歩15分以内のところを選びましょう。
次に親族が宿泊できる斎場をできるだけ選定して下さい。
家族葬の流れは一般的な葬儀と基本的には同じで、通夜をして翌日葬儀を執り行います。
このため通夜の後、安置された棺に付き添ったり、ろうそくの火を絶やさないようにするためには斎場で宿泊できるのがベストです。
翌日は荼毘に付すため少しでも近くにいることが大切です。
また家族葬でも色々なプランの選べる葬儀社を選定しましょう。
プランによって費用も変わってきますので、悲しみの中大変ですが、検討して満足のいくプランを選定して下さい。
大東市では以上のような条件を満たした葬儀社が複数存在しますので、葬儀社のHP等も参考にしながら選んで下さい。

葬儀の代表者としての役割

式場

一般葬よりも小規模で行われる家族葬にも必ず喪主が必要となり、葬儀の代表者として弔問客への対応に当たります。喪主は故人の遺言による場合の他、故人の配偶者や血縁者の中から体調面なども考慮して決めるのが一般的です。家族葬を多く実施している大東市の葬儀社では、多忙な喪主の負担を軽減すべくサポートしています。

もっと読む

自身の葬式を前もって予約

メンズ

最近は、家でのお葬式が減り、斎場での葬儀が増えています。お葬式の形式に家族葬が多くなったためとされています。大東市でも同じような傾向が強くでています。そして、そのようなお葬式の大半が生前予約による葬儀となっています。

もっと読む

宗教施設での葬儀

数珠

大東市の代表的な宗教施設は寺院と神社、教会です。寺院で家族葬を行う場合は、受け入れ条件を確認することが大切です。教会はクリスチャンしか利用出来ず、神社では基本的に葬儀は行いません。神職を斎場や自宅へ呼んで神葬祭を執り行ってもらいます。

もっと読む